TOPICSトピックス

HOME  >  記事  >  Vol.2_【自社通関②】自社通関で四面楚歌

TOPICSトピックス

HOME  >  記事  >  Vol.2_【自社通関②】自社通関で四面楚歌

実績、お客様の声、教育コンテンツ、記事

実績、お客様の声、教育コンテンツ、記事

CATEGORY

記事

記事

Vol.2_【自社通関②】自社通関で四面楚歌

やまと社長のつぶやき2
やまと社長のつぶやき2

皆さん、こんにちは。
2回目の今日は「自社通関導入で四面楚歌」というお話を
していきたいと思います。


前回、自社通関を始めようと思ったきっかけを書いたわけ
ですが、「さぁ始めよう」とした矢先に、私の前には大き
な壁が立ちはだかります。
それはどんな壁で、それをどう
打破したのか…。
今日は自社通関のススメというよりは
「実際にあった話」として読んで頂ければと思います。



自社通関を初めてみようかなと思った私は、さっそくプロ
ジェクトを立ち上げて体制構築に着手しました。社内の仕
組みづくりは問題なく進んでいくわけですが、着手当初か
ら私の中で頭を悩ませることがひとつだけありました。


それは「通関業者にどう説明するか」です。

今までずっと輸出のために親身になって協力してくれてき
た会社にどう伝え、理解を得るかは大きな課題です。
極端な話「フォワーディングは今まで通りお願いするけど、
通関は自分たちでやるから安くしてね」と伝えるわけです。
通関士の仕事を奪うわけですから、話す前から一筋縄では
いかないことが目に浮かびます。ただ、根回しとか密室で
コソコソ話すのが大嫌いで、裏表なくストレートにぶつか
って話をしたい性格なので「悩んでも仕方がない。素直に
やりたいことを伝えてみよう」と思い、あるタイミングで
各社に自社通関の導入と協力のお願いを行うことにしまし
た。その結果は……


「絶対に失敗する」「やめた方がいい」

みごとな反対の嵐……。
1社だけ協力しますよと言ってくださった会社がありました
が、それ以外は「協力できない」と反対されました。
ただ「はい、そうですか」と引き下がる私でもないので、そ
の後も交渉を重ねます。そしてしばらくすると通関業者も攻
勢に出ます。私を説得しても変わらないので、私の周りにや
めたほうがいいと説得しはじめたのです。時間が経つにつれ
て社内から不安や反対する声が出始めます。

「オセロが白から黒に変わっていき、周りを見渡せば真っ黒
になっている…」


そのような気持ちになったことを覚えています。まさに「四
面楚歌」の状態。「これは困った…」しかし、私も引き下が
るわけにはいきません。悩みに悩んだ私は起死回生の一手を
打ちます。


それが「フォワーダーの入札」です。

自社通関導入の協力を入札参加の条件にして、多くのフォワ
ーダーに声をかけたのです。他の会社の入札のやり方を勉強
し、入念に戦略を練って実施しました。そこそこの物量があ
り、また、勢いのある業種であることも味方して、結果的に
自社通関に協力して頂けるフォワーダーへの切り替えや反対
していたフォワーダーの説得に成功することができました。


入札戦略については、色々とお伝えしたいこともあるので改
めて記事は書くとして、
これによって四面楚歌の状態から一
気に反転させることができ、その後は自社通関体制の完成へ
と一気に突き進むことになります。


ヨーロッパでは、輸出通関は簡素化されています。日本も同
じようになっていくのではないか、それに伴って

自社通関を行う会社も少しずつ増えていくというのが私の持論

です。また、


AEO認証を取得したけど、その恩恵をもっと受けたいと
いう輸出企業は多く、そのような会社にとって自社通関
や自社施設通関をメリットと感じる企業が増えて行くの
ではないか


とも考えています。ただ、今までのやり方を変えることは、
大変です。組織が大きければなおさら。しかし、


現状を変えたいという強い思いがあれば「現状を打破する
アイデア」は不思議なもので湧いてきます。

私はそのような思いがある人と一緒に仕事がしたい。
不思議なもので、そのような思いを強く持って仕事をして
いると同じ思いを持つ方と自然に出会うんですよね。
誇り・プライド・信念を持って仕事をしている方って、そ
う多くはいませんが。


今の輸出体制を変えたいとお悩みの方はぜひ大和パートナ
ーズへご相談ください。お客様と一緒になって現状を突破
する方法を考えさせて頂きます。また、フォワーダーの方
からのお問い合わせもお待ちしております。色々と協業させ
て頂ければとも思っています。


次回は「自社通関のメリット、デメリット」についてお話
したいと思います。
お時間がありましたら、次回もぜひお
付き合いください。

Go back to previous page

YAMATO-Partners Corp.

youtube

LINE

pagetop