TOPICSトピックス

HOME  >  記事  >  Vol.4_【自社通関④】災害時の自社通関の威力

TOPICSトピックス

HOME  >  記事  >  Vol.4_【自社通関④】災害時の自社通関の威力

実績、お客様の声、教育コンテンツ、記事

実績、お客様の声、教育コンテンツ、記事

CATEGORY

記事

記事

Vol.4_【自社通関④】災害時の自社通関の威力

やまと社長のつぶやき
やまと社長のつぶやき

皆さん、こんにちは。

自社通関のすすめ4回目は「災害時の自社通関の威力」
についてお話していきます。実際に自社通関体制を立ち
上げ、7年近く運用し、その間およそ8万申告の処理を
指揮してきた「経験者」が語ります。


自社通関をやってよかったと思うことはたくさんありま
すが、中でも「災害時の自社通関の威力」は半端なかっ
たと思います。この内容は過去に講演や取材でもお話し
ているのですが、改めてまとめてお伝えしたいと思いま
す。

2018年9月の台風21号で関西空港が水害にあい、1か月
半、関空発の輸出ができなかったことがあります。日本
の航空輸送は、東は「成田」、西は「関空」がメインで、
貨物専用機(フレーター)が離発着できる空港となると
ほぼこの2空港に集約されています。水害の影響が数日
であれば、そう大きな問題にはならなかったでしょうが、
西のメイン空港が1か月半も機能しなくなると、その間
の貨物は成田に集中することになり、成田周辺のフォワ
ーダー上屋は貨物であふれ、輸出貨物は上屋に搬入して
3日待ちは当たり前で、場合によっては荷受け不可の状
態になったところもあったと聞いています。スペースが
取りにくい状態ではありましたが、それよりも現場が処
理できなかったので、当時の各フォワーダー上屋の混雑
ぶりが目に浮かびます。

最初は「関空だけの話」だったのが、日が経つにつれて
日本の輸出入に大きな影響を与えることになったわけで
す。多くの荷主は「いち早くこの商品を海外のお客様に
届けなければ…」と思っても、「何かしたくても何もで
きない。待つしかない。」そんな状況だったと思います。

そのような状況で自社通関は最強でした。

工場で通関をしたらそのまま航空会社へ搬入する体制を
作っていたので、貨物が停滞しているフォワーダーの上
屋は通らないわけですから、その影響を受けることはほ
ぼありませんでした。いくつか課題は出てきましたが、
そこはフォワーダーとアイデアを出し合い突破したので、
実際には成田へ転送する時間の遅延ぐらいしか発生しま
せんでした。
実際に

「なぜお宅の貨物はいつもと変わらず届くのですか?」

と海外の顧客から問い合わせを受けたので、日本から届
くスピードが他社と比べてかなり早かった
のだと思いま
す。

海外から見た日本との取引リスクは「災害の多さ」だと
思います。実際にリスク分散のために二社購買をしてい
る企業もあると思います。その対策として「自社通関」
や「輸送の見直し」は有効ですし、その結果は「災害リ
スクの軽減」だけでなく、国内の競合にはない自社の強
として海外顧客へのアピールにつなげることも可能だ
と私は思います。

ちなみに私は関空の経験から、貨物機が離発着できる他
の空港に興味を持つことになり、その結果として北九州
空港や北九州市との関係構築へとつながっていくのです
が、そのお話は言える範囲でいつか記事にしたいと思い
ます。西日本の荷主の方は、関空に加えて北九州空港の
ご利用もおすすめです。


次回は「自社通関導入のハードル」についてお話したい
と思います。
長文にお付き合い頂き、ありがとうござい
ました。

自社通関の構築でしたら「大和パートナーズ」までご相
談ください。
お仕事をぜひお待ちしております。


輸出&輸送の貿易コンサル 大和パートナーズ株式会社

HP→ https://www.yamato-partners.net/index.html
note記事 → https://note.com/yamato_channel
Youtube→ https://www.youtube.com/channel/UCFa8cEcxmqYyjzMYQQ4bYvw
LINE公式アカウント→ https://line.me/R/ti/p/%40494fgpgv
インスタ→ https://www.instagram.com/?hl=ja

Go back to previous page

YAMATO-Partners Corp.

youtube

LINE

pagetop